2019年09月07日

映画グリーンブック

IMG_20190907_003658.jpg今年、前半見た映画では一番良かったと思います。マフィアの生き証人として知られるトニー、バレロガンと天才ピアニスト、ドン、シャーリー(ドナルドウォルブリッジ、シャーリー)の知られざる素晴らしい友情を描いた実話の映画。1960年代、その二人が差別意識の強い南部へ危険なツァーと出かける。映画の中で感動的な音楽シーンが沢山、笑いも沢山。裏話では、1960年代すでにスターになっていた、黒人のシンガー、大好きなナットキングコールは故郷アラバマの公演でステージから引き摺り下ろされてリンチされそうになったとか?人間世界の偏見と言うものについて考えさせられる。IMG_20190907_003127.jpgIMG_20190907_003454.jpgIMG_20190907_003405.jpg
posted by 藤野ひろ子 at 06:40| 日記